不動産担保ローンで審査に通らないかもしれない

審査に通らないケースはどんな時?

審査に通らないケースはどんな時?住宅ローンが残った不動産で借り入れは?ケースによっては借り入れ可能

不動産担保ローンと言うものがありますが、自分はこれが何なのかよくわかりませんでした。
実際に使ってみた感想は、使いやすく金利もそこまで高くなかったといえます。
自分が不動産担保ローンを利用しようとしたきっかけは、ある商品を購入しそのお金の支払いに困っていたからです。
住宅を売却すれば良いと考えていましたが、安易に売却するのもどこか違うような気がしました。
そこで、不動産担保ローンを組もうとしたわけですが、審査に通らないといった話も聞きますので、この辺は慎重に考えなければなりませんでした。
具体的に何をしたかと言えば、まず自分が審査に通らない理由があるかどうかを探してみました。
審査に通らないとするが、一体どのような理由が考えられるのでしょうか。
この辺は、専門家でないためあまり詳しいことを知りませんでしたが、自分が知っていたのは少なくとも債務整理をしている状態です。
債務整理と言うのは、簡単に言えば過去にお金を借りたけども返済できなかった状態で借金を減額してもらった状態といえます。
これは単に滞納をしたと言う意味ではなく、多くの場合3ヶ月以上連続で滞納した状態で、しかも弁護士などに依頼をして債務整理をするわけです。
利息を減額する手続きのため、返済を全くしないわけではありませんがただ債務整理の中に自己破産と呼ばれるものがあり、これは完全に返済を逃れる手段の1つといえます。
命がかかっている段階でようやく行うのが普通と考えていましたが、実際世の中には自己破産をして返済をしない人も多かったようです。

事故歴があるとか、、

ブラックリストだとか、、、

多重債務だとか、、、

年収が低いとか、、、

通常ならばローンの審査が通らないあらゆる障害をクリアしてくれます

それが審査の甘い不動産担保ローンの日宝です

https://t.co/UWBz9JjTaC

— 審査の甘いクレカのイロハ (@iromatudesu) February 23, 2022