時代の転換期に必要な「経営計画づくりの実践手順」(m)


いつの時代にも、経営計画は必要です。

しかし、事態の転換期という今、ことさら計画が重要になっています。

現状の延長でよいのか、思いきった改革は必要ないのか、売上成長はどの程度まで見込むのか。

そして、利益計画はどの程度になるのか。

様々な状況を予測しながら、短期はもちろん中長期経営計画を立てていきましょう。



本文


第1章「経営計画の背景と必要性」

   時代の転換期だからこそしっかりした経営計画


第2章「経営計画の主な仕組み」

   長期経営計画は会社の構造改善計画なり


第3章「経営計画づくりの実践プロセス」

   自社の経営資源を数値でとらえ目標を設定していく


第4章「経営戦略構築のポイント」

   敵(経営環境)を知り、己(自社)を知って勝利を目指せ


実践シート

全体を見て柔軟に発想する「経営活性化フローチャート」

厳しい時代に確実に会社を伸ばす「長期付加価値経営計画」

長期的に安定した利益を確保する「中期利益計画」

新規事業計画の採算と収支をみる「経済性と資金収支を試算」

将来の資金ポジションを予測する「見積貸借対照表と資金計画表」

計画した体質改善のバランスをみる「経営分析による総合判定」




関連記事

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
© Copyright Dataagent Corp.

BIZREPO ソフトスキルを磨くための情報サイト

info@dataagent.biz

​東京都新宿区高田馬場1-33-13 千年ビル8F