はじめて経理担当者になったら 銀行の融資の種類と資金調達

2018-5-12

 

 

銀行融資の4つの基本形を覚えよう

 

銀行融資には、大きく4つ基本形があります。覚えておきましょう。それは、証書貸付・手形貸付・当座貸越・商業手形割引です。
また、銀行融資では、返済期間が1年以下の場合の融資を「短期貸付」、1年を超える場合の融資を「長期貸付」と呼びます。

 

4つの基本形は、融資としては同じでも、融資方法、期間、書類など、それぞれの特徴があります。

また、それぞれの基本形に、長所・短所があり、これら4つの基本形を覚えておくことによって、今後、どの基本形によって融資を受けたら良いか、自分の会社の現状に合った基本形は何かを考えた上で、銀行に融資を申し込むことができます。

 

また、どの基本形で融資を受けるかによって、自分の会社の数ヶ月の資金繰りにも、大きな影響を及ぼします。銀行が好む基本形、嫌う基本形とは?
 

本文へ

 

銀行の貸付の種類
手形貸付とは?
証書貸付とは?
当座貸越とは?
商業手形割引とは?
経常運転資金とは?
スポット資金とは?
ハネ資金とは?
納税資金とは?
金融検査マニュアルと融資交渉

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square