「儲かる体質」に改善する10の経営分析法

2018-7-03

 

総資本経常利益率(ROA)で会社の経営効率を見てみよう!

 

会社の収益性=経営効率をみる為に、従来日本でもっともよく使われている指標である「総資本経常利益率」(ROA)についてみていきましょう。

 

この経営効率を計る経営指標を検討するにあたっては、まず、もっともポピュラーな、投資の運用ということを考えてみる事をお勧めします。

もし、あなたが今100万円もっていて、どういう投資に運用しようかと考えている時、Aの投資は、1年後、10万円利益が得られ、Bの投資からは5万円の利益がえられるとしたら、あなたは、どちらの投資がより収益力 (投資が利益を生み出す力)が高いと思いますか?  


もちろんAの方だと言われると思います。その時、Aは利益10万円を、元手100万で割って、100%掛けて10%の利回り、同様にBは、5%とその利回りを計算して比較し、Aの方がBよりその利回りの率が高いので、Aが有利だと判断したとおもいます。投資の判断では、投下した元本に対して、そこから得られる運用益である利益の大きさとの対比で、利回りを計算します。  

 

実は、この考え方を企業の経営にあてはめてみてみると、元手を企業経営で運用して、そこからいくらの利益を得たかということになります。

 

本文へ

 

総資本経常利益率(ROA)で会社の経営効率を見てみよう!
総資本経常利益率(ROA)はどのように計算したらよいのか?
会社の経営効率はどうすればよくなりますか?
「稼ぐ力」をどうすれば、強くすることができるのか?
従業員一人当たりの「稼ぐ力」を見てみよう!
資本の有効活用っていったいどういうことだろう?
資本の有効活用を高める方策 ステップ1-在庫は眠っていませんか?
資本の有効活用を高める方策 ステップ2―売掛金はきちんと管理
資本の有効活用を高める方策 ステップ3-遊休資産に遊ばれていませんか?
株主資本利益率(ROE)からなにがわかるか?

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square