幹部候補を一人前に鍛え上げて再出発

2019-1-15

 

幹部づくりを真剣に考えよう  

 

中小企業を取り巻く経営環境はますます厳しくなっています。

 

ここで企業が存続・発展していくためには先頭に立って新しい時代を切り開いていく有能な幹部が不可欠となっているのです。

 

産業構造や企業の競争構造も大きく変貌しつつある中、これに対応して企業はこれまでの業務のやり方や組織・人事制度を見直したり、事業そのものを新たに構築する必要に迫られています。

 

そのための具体的な施策を打つのも幹部の重要な役割なのです。

 

本文へ

 

次代を担わせる優秀な幹部を育てるために何が必要なのか

幹部は自然には育たない

<幹部育成法1>後になってあわてがちな「人材計画」
 今後3年間の経営を予測して決定する

 権限委譲や業務の計画を立てる

<幹部育成法2>「これは!」と思える人材とは?
 挑戦意欲をもち、自ら責任をとれる人材

 たゆまぬ自己啓発で努力できる人

<幹部育成法3>経営幹部に求められる10の条件
 企業風土や組織の改革を推し進める能力が必要

 計数管理能力は経営幹部に必須のスキル

<幹部育成法4>一般社員の教育とどこが違うか?

      :

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square