不作法世代のしつけ方47講(前篇)(m)

2019-3-08

 

その考え方と実績のポイント

 

応待の仕方、身だしなみ、言葉の使い方など、かつては家庭や学校で厳しくしつけたものです。

 

しかし、今は会社に入ってからといわれる時代のようです。

 

お得意先、お客様の前でのふるまいなど、実際の「しつけ」をどうやって進めていけば良いか場面別に解説していきます。

 

本文へ

 

若者の言葉遣いをしつける

店頭における話法をしつける

遅刻をしない社員にしつける

人の話の聞き方をしつける

話上手より聞き上手にしつける

品質管理の重要性をしつける

時間管理の重要性をしつける

公用私用の峻別をしつける

 

忍耐する心をしつける

挨拶のできる人間にしつける 

物を大切にする心をしつける

食事のマナーをしつける

ユニフォームの正しい着方をしつける

人のせいにしない人間にしつける
整理整頓できる人間にしつける


安全に対する心構えをしつける
謙虚さを知る人間にしつける
親しき仲の礼儀をしつける
正しい手紙の書き方をしつける
礼状は早く出すクセをしつける


金銭貸借の常識をしつける
すぐに腹を立てない人間にしつける
人の目を意識しないで努力する人間にしつける
自己紹介のマナーをしつける

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square