不作法世代のしつけ方47講(後篇)(m)

2019-4-11

 

 その考え方と実績のポイント

 

応待の仕方、身だしなみ、言葉の使い方など、かつては家庭や学校で厳しくしつけたものです。

 

しかし、今は会社に入ってからといわれる時代のようです。

 

お得意先、お客様の前でのふるまいなど、実際の「しつけ」をどうやって進めていけば良いか場面別に解説していきます。

 

本文へ

 

しつけ教育は根気と忍耐が必要

叱り方のコツとタイミング

女性は褒めてしつける

指導者は褒める技術を身につけよ

反対意見をスマートに説得する技術

無作法世代の背景にあるものは何か

しつけは本人に気づかせるのが一番

若者をしつける5つの原則

効果を上げる同世代のしつけ指導

初歩段階は規律と制限で指導する

しつけは現場主義が肝心

しつけ教育は6段階で実施する

しつけ教育する側の姿勢

しつけの基本は形式と精神

武家の家訓にしつけを学ぶ

自ら行動させるようにしつける

新入社員に最低これだけはしつける

自分のカラにとじこもる部下をしつける集団の中でしつける

集団の中でしつける

全員参加のしつけ運動のやり方

国際人としてのマナーセンスをつけさせる

入社直後におけるしつけ

どんな人間ともつきあえる人間をしつける

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square