労組のない会社のための労務法律実用事典(m)

2019-5-20

 

労働者に一方的に不利益となるような就業規則の変更はできるか

 

就業規則の法的性質

就業規則の改定にともなって、従業員の労働条件の切り下げをともなうような変更が、可能かどうかが争いになることが少なくない。

 

一般的解釈によれば、就業規則改定による労働条件の一方的な切り下げは、たとえそれが法令の基準の範囲内であっても有効ではないとされている。

 

しかしながら、労働条件切り下げをともなう就業規則の変更がすべて違法かというとそうでもない

 

 

本文へ

 

 

雇用・就業規則・財務規律・人事異動 

労働者に一方的に不利益となるような就業規則の変更はできるか

 ●就業規則の法的性質

 ●(例判)就業規則変更に当たっての原則

 ●(判断)判例から見る判断

労基署に届け出ていないような就業規則は有効であるか

懲戒規程違法となる懲戒処分

懲戒処分該当行為の疑いのある場合、その従業員の調査協力は

      :

      :

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square