必ず成功させる!わが社の事業承継

後継者を育てなければ会社の明日はない!

中小企業のほとんどがオーナー経営です。事業承継は父から息子(あるいは娘婿)へとなるケースが圧倒的に多いです。

オーナー経営(同族経営)においては、後継者の選定・育成、経営を引き継ぐ時期・仕方を間違えると、脆さが一挙に吹き出してしまいます。

何十年に一回というトップ交代を、21世紀に向けた次の時代の経営革新に結びつけることができるのか。

どう引き渡し、どう見守っていくか、父と子の絆が問われています。

本文へ

関連記事

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square