知らねば大損する会社倒産の知恵⑥

製・商品を仮差押えするにはどうするか、また、労組が占拠し、拒否されたらどうすればよいか

いかに債権があることが明白でも、その債権をたてに相手の財産から強制的に回収するためには、抵当権や公正証書のない一般債権は、裁判所に訴えを提起するなどして債務名義を得た上で強制執行するしかほかに方法がありません。

この手順を踏んで強制執行するには、通常、最低数ヵ月を要することになり、この間に債務者の財産が隠匿・減少・処分されてしまうと、せっかく手間と時間をかけて債務名義を得ても何の役にも立ちません。

本文へ

31.製・商品を仮差押えするにはどうするか、また、労組が占拠し、拒否されたらどうすればよいか 32.すでに他の債権者が仮差押えをしていたら、もう手は打てないのか 33.仮差押えに異議を唱えられたらどうするか、また、仮差押えを解くにはどうすればよいか 34.第三者が占有している製・商品は差押えることができるか 35.債務者の銀行預金の残高を上手に調べる手はあるか

関連記事

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
© Copyright Dataagent Corp.

BIZREPO ソフトスキルを磨くための情報サイト

info@dataagent.biz

​東京都新宿区高田馬場1-33-13 千年ビル8F