知らねば大損する会社倒産の知恵⑦(m)

2020-3-30

 

 

債務者の売掛金から優先弁済を受けるにはどうすればよいか​

 

最も手っとり早いのは、債務者から売掛金債権の譲渡をさせた上で、直接売掛先へ行って集金してくることです。

 

ただし、債権譲渡が有効になるためには、法律的に一定の方式に従うことが必要です。つまり債権譲渡したことを「確定日付のある証書」によって、債務者の売掛先に通知しなくてはなりません。

 

具体的には内容証明郵便によって、債務者が売掛先に通知をすれば有効な債権譲渡が成立しますから、あとは債権者が直接売掛先に行き、譲渡してもらった債権の支払い請求ができるのです。が、問題が全くないわけではありません。

 

本文へ

 

36.債務者の売掛金から優先弁済を受けるにはどうすればよいか

37.債務者から提供された手形や株券はどうすればカネに換えられるのか

38.まだ月賦の終わっていない機械器具を差押えたり,回収に当てることはできるか

39.ちょっと前に納品したばかりの機械器具を取りはずして、回収してもよいか

40.仮差押えと差押えの機能と手続のちがいはどこにあるのか

41.仮処分,強制執行はどんな手続をへて実行されるのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square