絶対にとりっばぐれない契約書作成法(m)

2020-7-17

 

契約書の役割

 

日本において「契約書」は、多額の金銭が絡んだ契約などの特殊な状況にない限り、めったに取り交わされることがありません。通常の契約では、契約書はつくらずに、口約束やかんたんな証明書などで済ませてしまうこともまだまだ多いのではないでしょうか。

 

しかし商形態の多様化や倒産件数の増加などにより、契約書の重要性が再認識されつつあります。いざというときに困らない契約書とはなにか、その中でもとくに債権の回収に役立つ契約書作成法を知っておくことは、今後ますます重要となっていくでしょう。

 

 

本文へ

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

関連記事

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square